• ホーム
  • 勃起が持続しなく中折れになってしまった時の対処法

勃起が持続しなく中折れになってしまった時の対処法

男性も中高年になると何事も若い頃のようにいかなくなります。
仕事やスポーツでも体力や精神力の低下により若者のようなパフォーマンスを発揮しにくくなります。
ある程度は経験でカバーできますが、問題は下半身です。中高年や最近は若い世代でも性行為中に勃起の維持が困難になり、中折れすることもあります。
中折れも1回程度ならば問題ありませんが、性行為の度に起こると焦り性行為そのものに自信がなくなり、性行為を拒否したりすると悪循環になります。
良好なスキンシップがなくなるとパートナーとの関係も悪化しますので何らかの対処法が必要です。
中折れは自然に回復する場合もありますが、大抵は回復しませんのでの早めに対処して下さい。
最も効果があるのは専門の病院へ行き、医師と相談することです。その上で治療方法も決めて勃起薬を処方してもらいましょう。
勃起薬には様々な種類がありますが、その中で人気があるのはレビトラという勃起薬です。
レビトラは外国製の薬で購入するには病院で処方してもらうか個人で輸入して取り寄せるかです。
個人で輸入するのは手続きが大変ですし偽物の可能性もありますので、病院で処方してもらうのが確実です。
レビトラの特徴は持続時間が比較的長いことと食事の影響を受けにくいところです。
勃起の持続時間は5~8時間程度なので、1度の性行為には充分な効果です。但し飲酒後に服用すると効果は低下しますので避けた方が良いでしょう。
レビトラは有効成分の含有量の違う種類があり、10mgと20mgが主流です。
少ない量でも効果が実感できれば無理に多いタイプを服用する必要はありません。
レビトラを服用して性行為に望み、勃起の持続時間が長くなり、中折れをせず最後までできるようになれば、徐々に服用する回数を減らしましょう。
最終的には勃起薬を使用せずに自然な形で勃起が継続し、最後まで中折れがしなくなるのが理想です。
そのためには中折れの原因を正しく理解して下さい。

中折れの原因にが色々な原因がある

中折れの原因は様々です。中高年だけでなく若年層にもありますので年齢だけが原因ではありません。
最も多いのが精神的な要因です。理由は色々ありますが、人間関係の悩み、成績不振や仕事のストレス等も影響します。
年齢によって悩みも異なりますが、対処法はストレスを溜めないことです。
中々難しいですが、気分転換をしたりゆっくり休息をとったりすることが大切です。
ストレスを解消することは中折れだけでなく、体全体に良いことなのでパートナーやご家族にも協力してもらいながら改善しましょう。
次に多い原因として血流悪化があります。
血流悪化と中折れの関係ですが、勃起するためには性的興奮した時に陰茎へ血液を大量に送られます。
このため血流が悪いと勃起に必要な血液が陰茎に送られず中折れを引き起こします。
血流悪化の原因も色々ありますが、まずは食生活を見直すこととサプリの摂取です。
血流を良くする食材の料理を多くとることが最も良いですが、厳しい場合はサプリで補って下さい。
血流を良くするサプリにはアルギニンが有名です。
血液の流れを良くしてくれるので、勃起しやすくなります。
但し効果が実感できるまでは数ヶ月はかかりますので、毎日継続して摂取しましょう。
また不健康な生活習慣も勃起には良くありません。最も悪いのは喫煙と過剰な飲酒です。
飲酒後に性行為に及んでも思うように勃起しなかった経験は誰しもあるでしょう。
喫煙も先程紹介した血流悪化の原因となります対処法は言うまでもなく禁煙と飲酒の仕方を改めることです。
いきなり禁煙は厳しいのであればまずは本数を減らしましょう。
結局は健康的な生活を送ることが中折れ対策には有効です。
健康体でいることは実生活でも良いことなので、これらの対策を実施してパートナーと良好な関係を築いて下さい。